Copyright © 2020 UniStrongJapan All Right Reserved.

東京都品川区西五反田7-1-10 U's-1ビル9階
株式会社UniStrong Japan

H102 GPSコンパス モジュール

2つのGPSアンテナとコンパス機能が一体化されたGPSコンパス OEMモジュールは、

更にコンパクトになって位置、方位、ピッチ、ロールが同時観測出来るオールインタイプ。

小型船舶や移動体の自動走行や管理などに向いたGPSコンパスボードです。

特長

H102は、独自Vector II技術と2つのGPSアンテナが搭載されたコンパスモジュール。
NMEA2000プロセッサー、単軸ジャイロ、傾斜センサーを搭載したオールインワンボード。
ジャイロセンサー、傾斜計により、素早い初期化と方位の検出が可能。
2つのアンテナでRTK基線を計算、方位精度 0.75°RMSを実現。
測位は、SBAS ディファレンシャル補正情報を受信して精度1m以下 (95%)が可能。
デファレンシャル測位では補正情報遮断時でもCOAST技術によって40分計測を続行。
回頭速度は、90度/秒を実現。移動体の急旋回にも追従。
方位/測位データはNMEA0183形式で、1Hz~最大20Hz(オプション)までの出力が可能。
GPS遮断時に方位計算が不能の場合、内蔵ジャイロセンサーで3分間、方位を補完。
上下の移動量は、HEAVE値(ヒーブ)として、精度 30cmレベルで計測が可能。
CANバス制御によりNMEA2000にも対応。
初期設定はフリーソフトのPocketMAXやターミナルコマンドから行えて、プロファイルの保存やログも可能です。


外観仕様
寸法          37.5L x 10.5W x 2.5H(cm)
重量          250g
消費電力    250 mA @ 12 VDC