Solution

ご提案
スクリーンショット 2020-06-12 13.29.55.png

ITC施工での3Dマシンガイダンスの普及促進をサポート

grade metrix.png

今まで想像も出来なかった効率と正確性でICT施工をUniStrong Japanがサポートします。

​当社の3Dマシンガイダンスシステムは、世界に例がない小型・オールインワン設計で、「取付・運用・利用し易い」をテーマに開発し、ミニショベルから大型ショベルまでの幅広い3Dマシンガイダンスシステムを魅力的な価格で提供します。

​システム概要

 
 
小型ソリューション
スクリーンショット 2021-05-11 9.41.19.png

GNSSコンパス

VR500

ディスプレイ

IronOne

チルトセンサー

小型ショベルでのICT施工を可能にしたオール・イン・ワン設計

  • 最適なアンテナ設置場所の確保が可能

  • キャブ上部への設置を可能にし、小型機への3DマシンガイダンスシステムGradeMetrix搭載を実現

  • 住宅地など、狭所現場での施工でも飛躍的な効率化を実現

  • 内蔵のIMUとの連携による独自技術により、安定した方位と高精度の測位が可能

 
スクリーンショット 2021-05-11 9.41.10.png

ディスプレイ

IronOne

GNSSアンテナ

A46

GNSSコンパス

VR1000

チルトセンサー

中・大型ショベル向けのフラグシップ

  • 中・大型重機に対応できる正確な測位と方位精度

  • マルチパスの影響を軽減する優れた技術

  • 過酷な現場条件に耐える頑丈設計

 

​製品を見る

grade metrix.png
GradeMetrix
  • 機械制御およびガイダンスポジショニングソリューション

Product-133-1080.png
VR500
  • 小型重機向け3Dマシンガイダンスシステム用

  • 小型オールインワン受信機

  • マルチGNSS マルチ周波数の高精度方位&RTK測位

UT32.png
UT32 RTK タブレット
  • マルチGNSS 2周波RTKモジュール内蔵

  • Bluetooth、Wi-Fi、4G/LTE内蔵

VR1000.png
VR1000
  • 中大型重機マシンコントロール向け

  • マルチGNSS マルチ周波数の高精度方位&RTK測位

a46_02-347.png
A46
  • マシンコントロール向け、高精度・頑丈設計

  • マルチGNSS マルチ周波数

iron1.jpg
IronOne
  • マシンコントロール用の頑丈設計Windows10タブレットPC

  • Bluetooth、WiFi、4G/LTE内蔵

G970ll-proichiran.png
G970II Pro
  • SX6テクノロジー搭載の最新世代GNSS受信機

  • QZSS L5/LEX、Beidouフェーズ3対応、800+チャネル

  • マルチGNNS、マルチ周波数の高精度RTK測位

IMG_8149.png
​ASMチルトセンサー
  • マシンガイダンスシステム用の傾斜センサー

P9III (3).png
P9III
  • データコレクター

弊社ICTバックホウの精度確認について

弊社のRTK-GNSSを用いたバックホウ3D仕様「GradeMetrix 」「VR500/VR1000」の精度確認方法は、
国土交通省で定めている、
「3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)」
第2編 参考資料-15
施工履歴データの精度確認試験実施手順書の
1)テスト作業による精度確認(着工前の精度確認)

②ICT建設機械の作業装置位置を計測する方法

に準拠しています。その手順を以下に示します。

 

【ICTバックホウの実施手順】

​ 確認を行う建機の姿勢等のケースや計測回数は「ICT建設機械精度確認要項(案)」に準拠し、ケース1〜7の7姿勢において施工履歴データを記録する箇所にプリズムを設置し、TS等光波方式により三次元座標を計測して精度を確認する。TS等光波方式による計測点は、施工履歴を記録する点(刃先やバケット背面の施工履歴データを記録する箇所)を一姿勢につき1点計測する。バケット背面の土と接する箇所の座標を施工履歴データとして記録することができるシステムを用いる場合は、刃先の精度確認試験を実施する7姿勢のうち1姿勢で、バケット背面の土と接する箇所における施工履歴の精度確認を追加で実施する。全てのケースで平・標高の標高の較差±50mm以内であること。

ケース1.基本姿勢

ケース2.バケット角度

ケース3.バケット高さ

ケース1.2.3.jpg

ケース4.バケット距離

ケース4 (2).jpg

ケース5.バックホウ姿勢

ケース5.jpg

ケース6.7.旋回及びバケット距離

ケース6.jpg

出典:国土交通省
「3次元計測技術を用いた出来形管理要(案)」
第2編 参考資料-15 施工履歴データの精度確認試験実施手順書より